ニュース

2022.09.13

ニュース

【相模原市・町田市の方へ】無料網戸張替え実施中!!

相模原市・町田市の普天間塗装です! 日頃のご愛好に感謝して、お得なキャンペーンを実施することになりました✋ “無料で網戸の張り替えキャンペーン” 塗り替え後には無償で網戸の張り替えを行なっておりますのでお気楽にお問い合わせください✌️ こちらは町田市、相模原市のご自宅限定です🙇‍♂️

相模原&町田の外壁・屋根塗装は普天間塗装へ!

相模原市、町田市を中心に神奈川県全般で外壁塗装や屋根塗装をお考えのお客様! 普天間塗装へにお任せください! グレードの高い塗料を使用して 確実な施工による長持ちを目的にした塗装工事を行います! 例えば、外壁3回塗りのとこを4回塗り(下塗り2回上塗り2回) 屋根3回塗りのとこを4回塗り(下塗り2回上塗り2回) 金額事例30坪の住宅 屋根塗装(遮熱塗料) 外壁塗装(ラジカルシリコン) 付帯部塗装(ラジカルシリコン) 合計90万〜 (建物の状況や面積で金額に差がでます。) お見積りご相談無料 施工前のカラーシュミレーション3回無料 施工写真付き 保証付き 施工後3ヶ月に点検 その他のリフォームもお気楽にご相談ください。 塗装工事に関しては確実な施工をするため値引きはお断わりします。

屋根の塗り替え時期について

屋根の塗り替えの時期は、いくつかの要因によって異なりますが、一般的には以下のポイントを考慮することが重要です。 1. 経年劣化: 屋根の材料によっては、時間とともに劣化することがあります。屋根材の劣化が進むと、色あせやひび割れ、剥がれなどの現象が現れる場合があります。これらのサインが見られる場合は、塗り替えが必要な時期かもしれません。 2. 気候条件: 気候条件も屋根の塗り替え時期に影響を与えます。特に屋根が高温や高湿度の地域に位置している場合、劣化が早まる可能性があります。また、頻繁な雨や積雪がある地域では、屋根の耐久性が試されることがあります。 3. 過去の塗り替え: 過去の塗り替え状態を確認することも重要です。屋根の塗り替えがいつ行われたか、またどの程度の頻度で行われてきたかを考慮することで、次の塗り替えのタイミングを決定する手がかりとなります。 4. 専門家の意見: 屋根の専門家や塗装業者に相談することも役立ちます。彼らは屋根の状態を詳細にチェックし、適切な塗り替え時期や必要な作業内容を提案してくれるでしょう。 一般的には、屋根の塗り替えは10年から15年ごとに行われることが推奨されていますが、上記の要因によって異なります。屋根の状態を定期的に点検し、必要に応じて塗り替えを行うことで、建物全体の保護と美観を維持することができます。

下地補修とシーリングの重要性

下地補修とシーリングの重要性は塗り替えにおいて非常に重要です。それぞれが異なる役割を果たし、建築物や素材の耐久性、外観、そして建物保護に繋がります。 まず、下地補修は建築物や表面の基盤を整える作業です。壁、床、天井などの表面には、穴や亀裂、凹凸などの欠陥がある場合があります。これらの欠陥を放置すると、塗料や仕上げ材が不均一になったり、さらに悪化して構造的な問題を引き起こしたりする可能性があります。下地補修を行うことで、表面を均一に整え、塗装や仕上げ作業の品質を向上させることができます。また、下地補修は建築物の耐久性を向上させ、将来的な修理やメンテナンスの必要性を減らす助けにもなります。 次に、シーリングは建築物や素材を保護するための重要な役割を果たします。シーリングは、外部要因(雨や風、紫外線など)や内部要因(湿気や水漏れなど)から建築物を守るバリアを提供します。特に屋外の建築物や湿度の高い場所では、適切なシーリングがないと、水漏れや結露、カビなどの問題が発生する可能性があります。また、シーリングはエネルギー効率や断熱性能を向上させるのにも役立ちます。例えば、窓やドアの周囲にシーリングを施すことで、気密性を高め、冷暖房の効率を改善することができます。 総括すると、下地補修とシーリングは建築物の耐久性、外観、保護性を向上させる重要な作業です。適切に行われることで、建築物の寿命を延ばし、メンテナンスの負担を軽減し、快適で安全な居住空間を提供することができます。

CONTACT

ご相談、お見積りは無料ですので、
お電話・お問い合わせフォームよりご連絡ください。

株式会社 普天間塗装

神奈川県相模原市緑区下九沢1332-2